気の向くままに。〜趣味とストレス。あと諸々。〜

慎重派ネガティブ人間がやってるゲームとか趣味とかのブログです。ストレス吐くこともあります。毎週月曜は【スクストお返しレース】、毎週木曜は【ミリシタトレーニング2】という記事を12時30分に更新しています。

もはや夏の風物詩だよね、なみのおと、消えて。

毎年やってて毎年ちゃんとできてない。

 

というわけで、今日11時からスクスト2の新コスイベント『劇団エテルノ謎解き公演「なみのおと、消えて」』が始まってます。

 

毎年レベルが高いのよここの謎解き。

 

2016年から開催されるようになった、スクストの謎解きシリーズの第4弾でもある今回は、劇団エテルノとのコラボとなる〔劇場型謎解き公演〕。

 

 

 

これまでの流れは、問題→ミッション→問題…というのを繰り返していたんですが、今回はミッションを進めてからじゃなくても、問題に挑めるようになりました。

 

もちろん、ミッションを進めないとストーリーが進まない時もありますが、そこまではミッションなしでも進んでいくことができます。

 

また、過去3回での隊長(プレイヤー)は、「謎が解けなくて困っているメンバーのところに行き、一緒に問題を解く。」といういわばフリーな立ち位置だったんですが、

 

今回では「公演の登場人物として出演し、主役と一緒に行動を共にする。」という立ち位置になりました。

 

過去3回と同様に謎解きへの参加は任意となっており、謎解き成功・失敗にかかわらず、イベント報酬は決まっていますので、謎解きしなくてもいいという人はミッションだけ進めればそれだけでもある程度の報酬がもらえます。

 

また、イベント期間中に最終問題を解くことができれば、「認定証」が貰えます。

(特にアイテムとしての価値はない、やり込み要素的なもの。)

 

 

ただし、今回の違う点といえば、

最終問題での回答権はイベント期間中1回のみ、失敗した場合イベント終了までやり直し不可能。」という、下手な鉄砲数打ちゃ当たるかもしれませんな戦法が使えないスリリングなルール。

 

また、過去3回では「日数がある程度経てば、問題を解くためのヒントが出てくる」というシステムも、最終問題のルールからか、「最終問題までの問題はヒントを1日目から見れる」ようになっています。

 

謎のレベルは例年同様かなり高くなっているので、もし詰まったらヒントを見てみるのもいいと思います。

 

あと最後に、この謎解き公演は期間中のネタバレは厳禁なので、SNSを使ってうっかり話さないようにお願いします。

(このくらいなら大丈夫…だよね?)

 

 

ちなみに現在、2問目で軽く詰まってます。

 

リックン(←謎検準1級経験者)